月別 アーカイブ

タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > ビオラ川崎 > 考えてみよう

研修活動報告

< 施設内勉強会 - 中川の里  |  一覧へ戻る  |  「感染症」研修 - 人材開発部 >

考えてみよう - ビオラ川崎

QOL委員会の疑似体験活動です。水を吸収させたパットを紙製パンツに付け、それをはいて自宅で過ごすという試みを実施しました。「蒸れる」、「ごわごわする」、「動きにくい」、「パットを外したい」、「パンツを脱ぎたい」という意見が大多数です。その他には、「パットが濡れていることがあまり気にならない」という製品の機能面に触れる意見もありました。ご利用者さまには当たり前のように使っていただいている物に対して疑問を感じ、より良いサービスにつなげるきっかけにしていきます。

カテゴリ:

< 施設内勉強会 - 中川の里  |  一覧へ戻る  |  「感染症」研修 - 人材開発部 >

同じカテゴリの記事

ケアプラン委員会~フォーカスチャーティング~ - ビオラ川崎

ケアプラン委員会の活動内で、フォーカスチャーティングの勉強会を実施しました。

例題を実演

ふぉ2.JPG

グループワークでみんなで考え・・・・

ふぉ3.JPG

そして、発表をしました。

ふぉ4.JPG

フォーカスチャーティングの意味、意義の理解を広めていきたいです!!


ケアプラン委員会~フォーカスチャーティング~ - ビオラ川崎

ケアプラン委員会の活動内で、フォーカスチャーティングの勉強会を実施しました。

例題を実演

ふぉ2.JPG

グループワークでみんなで考え・・・・

ふぉ3.JPG

そして、発表をしました。

フォーカスチャーティングの意味、意義の理解を広めていきたいです!!


川崎市老人福祉施設研究発表会 - ビオラ川崎

第26回を迎える発表会にて、4CDの介護スタッフが認知症ケアについて発表致しました。発表後のグループワークでは、ご清聴下さった皆さんとの質疑応答や意見交換もあり、参加者一同、とても貴重な経験となりました。次は、今夏にパシフィコ横浜で開催される県大会(?)で発表したいと考えています。

認知症の方とのコミュニケーションについて - ビオラ川崎

QOL委員会では、アルツハイマー型認知症の方とのコミュニケーションについて学びました。つい、スタッフの思い込みや決めつけで認知症の方との意思疎通をあきらめてはいないか。事例を読み解きながら、自分達の支援を振り返りました。

いざという時のために - ビオラ川崎

またまた、数名のスタッフが普通救命講習を消防署で受けてきました。講習を受けたスタッフからは、「いざという時に、方法を知っているのと知らないのでは大きな違いがあると思う。他のスタッフも講習を受けてほしい。」という声ばかりでした。


このページのトップへ