月別 アーカイブ

タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > 人材開発部 > 「感染症」研修

研修活動報告

< 考えてみよう - ビオラ川崎  |  一覧へ戻る  |  平成25年度「介護福祉士受験キャンプ」 - 人材開発部 >

「感染症」研修 - 人材開発部

平成25年12月17日

(株)リブドゥ・コーポレーションより講師を招き、冬期に発生しやすい「感染性胃腸炎」いわゆるノロウイルスなどについてその特徴や予防対策について実践を交えて学びました。

演習では、グローブ・マスクなどの装着方法を再確認。偽嘔吐物を活用し、ウイルスを広めない処理方法を行いました。まずは「手洗い」「うがい」の大切さをあらためて実感した内容になりました。


カテゴリ:

< 考えてみよう - ビオラ川崎  |  一覧へ戻る  |  平成25年度「介護福祉士受験キャンプ」 - 人材開発部 >

同じカテゴリの記事

法人研修「トレーナー級職員研修」 - 人材開発部

2月4日 9;30~11:00 講師:人材開発部 小林由紀子氏

各事業所に配属されているトレーナー級職員が集まり、「28年度 法人研修計画」と「28年度 新人スタッフ合同研修計画」への要望や内容等の話し合いが行われました。

法人研修「スキンケア」 - 人材開発部

2月1日 9:30~11:00 講師:(株)リヴゥコーポレーション 野呂千鶴氏

排泄ケアにおけるスキンケアとして、
①皮膚構造と基礎知識②スキントラブルの予防③清潔ケアのポイントと意識について講義・演習を受けました。
排泄ケアを考えるとき、スキンケアは切っても切り離されない問題です!と講師の声に受講者も真剣に耳を傾けていました。
研修にご協力いただいた野呂さま
お忙しいなか、有難うございました。大変勉強になりました。

法人研修「人権擁護」 - 人材開発部

1月28日 9:30~12:00 講師:人材開発部 小林由紀子氏

人権を護るということは、ご利用者さまの「自己決定」「自己実現」を支援することであり、それは誰かに阻害されるものではない。ケアを受ける人(ご利用者さま)の人権擁護について、ケアを提供する人(スタッフ)の役割を共に考える研修。

法人研修「接遇」 - 人材開発部

1月25日 9:30~11:00  講師:人材開発部 小林由紀子氏

これまで築き上げてきたご利用者さまの人生に対する尊敬とお客さまであることの意味を考え、介護技術・知識の提供以前に、我々が身につけておくべき「接遇」の五原則(挨拶・身だしなみ・言葉づかい・態度・表情)を学び、実践する内容の研修です。

法人研修「感染予防対策」 - 人材開発部

1月19日 9:30~11:00 講師:(株)リヴドゥコーポレーション 野呂千鶴氏
「感染症予防策」

高齢者介護施設は、感染症に対する免疫力・抵抗力が弱い方が集団で暮らしている生活の場である。感染症の予防策は普段から行っているが、それが正しく実施できているかを今一度認識するための研修です。ひとえに手洗いといっても正しく洗えていなければスタッフが媒介となって感染症拡大の原因となってしまう。予防が一番の薬であると認識を持ち、ご利用者さまの命を守る対策として①全ての利用者に「標準予防策」を行う②利用者にも、自分にも「感染」させないために、手指衛生をしよう③医療・介護スタッフ自身の健康管理を怠らないをテーマに(株)リヴドゥコーポレーション 野呂さまをお招きして研修を開催しました。
本研修に賛同していただいた野呂さま
有難うございました。本年も宜しくお願い致します。

このページのトップへ