タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > アーカイブ > 2015年5月アーカイブ

研修活動報告 2015年5月アーカイブ

法人内研修「CM研修」 - 人材開発部

5月25日 9:30~11:00 講師:人材開発部 小林由紀子

「CM研修」~アセスメント①~

介護支援専門員の資格保有者(現任者含む)を対象にICFの視点から、専門知識・技術を活用した客観的で科学的な思考過程を訓練する。目の前のご利用者さまの生活全般を支援するために、どのように情報を収集し、解釈し、生活上の課題をケアに関連づけていけば良いのかを学ぶシリーズ。

第一回目

~ICFの視点とマズローの欲求段階説から課題の優先順位を観る~

次回は6月29日です。


法人内研修「基本介護技術」 - 人材開発部

5月15日 9:30~11:00 講師:人材開発部 小林由紀子氏

「基本介護技術」~立ち上がり・歩行~

歩行は人間にとって基本動作で、自分自身でコントロールできる・するもの。歩行を阻害する病気の特徴や安定させるための各種福祉用具の取り扱い、介助法などを講義と演習で学びました。


法人内研修「看取り介護とは」 - 人材開発部

 5月11日 9:30~11:00 講師:人材開発部 小林由紀子氏

 「看取り介護とは」~第一回目~

法人事業所統一の「看取り介護に関する指針」を基に看取り介護をするにあたって、介護職員として、どのようにご利用者さまやそのご家族さまとコミニュケーションをとっていくべきなのかを学ぶ研修。日常提供しているケアと看取り介護には、大きな違いはなく、日常のケアの延長に看取り介護があること。ご利用者さまやご家族さまを理解して、自分を知ってもらって初めて信頼関係が築けること。それが、「個別ケア」であり「尊厳の保持」につながり「いい最期だった」というねぎらいの言葉につながることを学びました。


法人内研修「認知症高齢者の日常生活自立度」 - 人材開発部

平成27年5月7日 9:30~11:00  講師:人材開発部 小林由紀子氏

「認知症高齢者の日常生活自立度」について   ~認定調査シリーズ4回の第1回目~

高齢者福祉施設でよく目にする、耳にするこの言葉。個別介護計画書を立案するにあたり正しく理解するための研修です。認定調査員テキストを参考に、基本調査項目の定義や特記事項の記載の仕方など要介護認定について説明を受けました。また、事業所で認定調査が行われる際の調査員による質問に正しく返答できるように選択肢の選択基準等について学びました。  次回は11月10日の予定です。


1

« 2015年4月 | メインページ | アーカイブ | 2015年6月 »

このページのトップへ