月別 アーカイブ

タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > アーカイブ > 2015年11月アーカイブ

研修活動報告 2015年11月アーカイブ

法人研修「くすりについて」 - 人材開発部

11月27日 9:30~11:00 講師:ひまわり調剤薬局 阿出川弘樹氏

「くすりについて」~くすりの正しい使い方~

病気かなと感じたらその対応方法として、「安静にする」「お医者さんに診てもらう」「薬を飲む」ことをします。では、その薬は何のためにあるのか?をテーマに薬を飲む時の注意点や副作用などについて学びました。質疑応答では、現場で抱える具体的な事例を基に薬剤師の阿出川氏よりアドバイスを頂き有意義な研修となりました。

本研修にご協力を頂いた ひまわり調剤薬局の阿出川さま 有難うございました。


法人研修「CM研修」~評価~ - 人材開発部

11月24日 9:30~11:00 講師:人材開発部 小林由紀子氏

「CM研修」~評価~

アセスメント・計画の立案・モニタリングに続き年間CM研修最終はケアプランの目標が達成されているのかを「評価」する内容です。評価は次の計画立案のための課題分析結果でもあり、重要なものです。課題整理総括表を使いグループワークで演習。最後にケアプランテェックリスト(施設サービス計画書用)で自己評価を行い、これからも自己研鑽に励みサービスの質の向上に向けて情報の共有と各事業所間の協力の大切さを学びました。


法人研修「基本介護技術」寝間着 - 人材開発部

11月19日 9:30~11:00 講師:人材開発部 小林由紀子氏

「基本介護技術」~寝間着~

衣服着脱の意義や材質、着脱のしやすさのポイント、留意点などを座学で学び、グループに分かれて実際にベッド上で仰臥位の状態で対象者に着せる演習を行いました。近年、寝間着を着用して休まれるご利用者さまが少なく手間取る場面もありましたが、基本介護技術でもあり、さらにこの研修は介護福祉士受験対策講座を含んでおり、参加者は熱心に取り組んでいました。


法人研修「看取り介護」 - 人材開発部

11月17日 9:30~11:00  講師:人材開発部 小林由紀子氏

「看取り介護」~私達ができること~

最期を何処で迎えるのか?

法人統一の「看取り介護に関する指針」に基づき、他職種連携の重要性(チームケア)やご利用者さまの身体状況の変化(情報共有)を理解しご利用者さま、ご家族さまの揺れ動く気持ちに寄り添い、その人らしく最期まで生きる事(尊厳の保障)を看守るケアを目指して私達介護スタッフは、今何をしなければならないのかを学ぶ研修。


法人研修「認知症高齢者の日常生活自立度」 - 人材開発部

11月10日 9:30~11:00 講師:人材開発部 小林由紀子氏

「認知症高齢者の日常生活自立度」

要介護認定は、一次判定ソフトによる判定から、介護認定審査会における認定まで、原則として要介護認定等基準時間と呼ばれる介護の手間の判断によって審査が行われる。その一次判定がどのように実施されるのかを学ぶことでご利用者さまの状態像を理解するシリーズ研修。

 


法人研修「更衣介助」 - 人材開発部

11月4日 9:30~11:00 講師:人材開発部 小林由紀子氏

「生活支援・更衣介助」~介護福祉士受験対策シリーズ~

身じたくの意義を理解し、ご利用者さまの「できること」「できるであろうこと」をご利用者さまと共に考え、介護職員としてその方法や手順を工夫し、個別性を尊重しながらその人らしく表現する事を目的に更衣介助(支援)がなされてこそ利用者満足が得られる。それが、自立に向けた身じたくの援助であることを学ぶ研修です。演習では、各自用意してきた洋服や靴下などを障がい別に実践しました。

 

 

 


1

« 2015年10月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »

このページのトップへ