タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > アーカイブ > 2016年12月アーカイブ

研修活動報告 2016年12月アーカイブ

法人研修「コミュニケーション」 - 福祉事業部

12月20日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

介護技術・知識を提供するうえで、身につけていなければならないコミュニケーション技術。その基礎となる部分を学ぶ研修。

法人研修「日常生活自立度」 - 福祉事業部

12月15日(木) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

要介護認定 認定調査員テキストを参考に「要害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)」と「認知症高齢者の日常生活自立度」の判定の基準と判定にあたっての留意事項を学ぶ研修です。

法人研修「看取り介護」 - 福祉事業部

12月13日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

法人の看取り介護に関する指針に基づき、終末期の基準や体制・介護職員が行うべきケア内容などを学び、人生の締めくくり、最期の重要性を理解する。そして、これまでのその方との関わりに感謝して、心を込めてこれを行う事の意味を知る内容の研修でした。

法人研修「認知症とは」 - 福祉事業部

12月6日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

シリーズ3回目
認知機能障害が原因で起こる「もの忘れ」「見当識障害」「判断力の低下」は、中核症状として多くの認知症の人に共通してみられる症状である。これに対して、行動・心理症状(BPSD)は出現する人と出現しない人がいる。直前の記憶と断片的な記憶が欠落し、過去と現在が混在し、不安や不快・混乱など多くのストレスを抱える認知症の人の内的世界を「認知症ケア標準テキスト」を活用しながら理解することで、ご利用者さまへの関わり方を考える内容です。

法人研修「マナー研修」 - 福祉事業部

11月29日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

そもそも「マナー」は知識として知っているはず。挨拶から始まり、身だしなみやご利用者さまとの会話、その時の態度・表情などプロとして意識しながら日々のケアにあたらなければならない。なぜなら、技術提供前にお客さまに不愉快な思いをさせてしまう可能性があるから。介護職員が、プロとして仕事をするうえでマナーは大切であってかつ、知っていなければならない基本です。座学を通して、介護職員が身に付けていなければならないマナーについて学びました。

法人研修「OJT責任者研修」 - 福祉事業部

11月25日(金) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

本年度4月に入職した新人職員の進捗状況報告会を各事業所のOJT責任者を招き開催。合わせて、「6ヶ月フォローアップ研修」内容の説明を実施。新人職員は先輩職員からのアドバイスを受けて日々頑張っていることが確認されました。

法人研修「施設CM勉強会」 - 福祉事業部

11月22日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

法人年間研修シリーズ4回目「計画の立案」
10月27日に開催したシリーズ3回目に引き続き「計画の立案」です。施設に入居されているご利用者さまの生活の質の向上を図る為に必要な視点を学び、施設介護支援専門員として介護職員とは一味違う関わり方も一緒に学びました。施設介護支援専門員研修は、4回シリーズで終了です。

1

« 2016年11月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »

このページのトップへ