タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > 福祉事業部 > 法人研修「介護の知識と技術」

研修活動報告

< 法人研修「認知症とは」 - 福祉事業部  |  一覧へ戻る  |  法人研修「権利擁護」 - 福祉事業部 >

法人研修「介護の知識と技術」 - 福祉事業部

9月28日(木) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

「介護の知識と技術」~視覚障害のある方への歩行介助~

基礎的な歩行介助法を座学にいて復習後、会場となった法人内特別養護老人ホームにて、段差の超え方や階段の昇り降りの際等の手順や声の掛け方、タイミング等について学びました。

カテゴリ:

< 法人研修「認知症とは」 - 福祉事業部  |  一覧へ戻る  |  法人研修「権利擁護」 - 福祉事業部 >

同じカテゴリの記事

法人研修「権利擁護」 - 福祉事業部

10月3日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

※法人研修年間計画は10月より下半期に突入致しました。

今回は、6月6日(火)に行った内容のバージョンアップ編です。
不幸にも高齢者虐待や不適切ケアが起きてしまったら・・・と題して、事後対応としての通報義務や施設内の体勢・対応・行政への対応また、施設職員や管理者としての責務など再発防止に向けた取組みを学びました。

法人研修「認知症とは」 - 福祉事業部

9月21日(木) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

~軽度認知障害(MCI)~
施設(特別養護老人ホーム)で働く介護職員としては、軽度の認知症患者(利用者)さまというよりは、中重度に進行された方に出会う機会が圧倒的に多い。中重度の認知症を患っているご利用者さまは、年月と共に病気が進行して今現在に至ってる。「あれ、最近もの忘れが多いな」という自覚症状から始まり、。失敗が多くなり他者から指摘をされ、自信を無くし他者(社会)と関わることに不安を覚え閉じこもる結果、状態の悪化に進行していくという過程を踏まえ、今回はその前段階である軽度認知障害(MCI)について学びました。

法人研修「介護過程の展開」 - 福祉事業部

9月14日(木) 9:30~12:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

介護過程の展開シリーズ④
事例問題から「アセスメント表(2)~介護計画書~」を作成中。個人ワークからグループワークに移り、自分以外のメンバーの意見や講師からの指導に対いて、ワイワイガヤガヤ意見を言いながらの作成。アセスメントの重要性を痛感しております。

法人研修「施設介護支援専門員勉強会」 - 福祉事業部

9月8日(金) 9:30~12:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

事例問題より、アセスメント表の作成作りを行いました。

このページのトップへ