月別 アーカイブ

タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > 福祉事業部 > 法人研修「コミュニケーション~失語症~

研修活動報告

< 法人研修「権利擁護」~シリーズ② -   |  一覧へ戻る  |  法人研修「介護計画書の立て方」 - 福祉事業部 >

法人研修「コミュニケーション~失語症~ - 福祉事業部

平成30年6月8日(金) 9:30」~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

失語症は、言語障害のひとつで脳の言語中枢が何らかの損傷を受けることで
言葉に関する「話す」「聞く」「読む」「書く」「計算する」ことに生活のしづらさを感じる症状である。
介護職として、コミュニケーションをとる時の留意事項(医学的知識を持つこと)や喪失した機能より、維持されている機能にアプローチするような支援(基本介護技術)が求められる。
症状を理解して、信頼関係を構築するためのコミュニケーション法を学ぶ研修でした。

カテゴリ:

< 法人研修「権利擁護」~シリーズ② -   |  一覧へ戻る  |  法人研修「介護計画書の立て方」 - 福祉事業部 >

同じカテゴリの記事

法人研修「介護計画書の立て方」 - 福祉事業部

平成30年6月12日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

~事例問題から、アセスメント(1)の作成の仕方~

介護計画書を作成するにあたり、収集された情報を各自にて、生活機能分類の活用に向けて(ICFの構成要素間の相互作用を意識しながら)講師からのアドバイスも受け、各自にてアセスメント表(1)を作成しました。

法人研修「コミュニケーション」~視力障害~ - 福祉事業部

平成30年6月1日(金) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

視覚に障害を持っている方とコミュニケーションを図る場面で、どのような配慮が必要なのを学ぶ研修。まず、専門職として視覚に関する高齢者に多い病気を知り、そのうえで必要な基本介護技術を習得する事。そして、中途視覚障害者の心理的プロセスを学ぶことで、介護職としてどのようにご利用者さまに寄り添っていくのかを学ぶことが出来ました。

法人研修「介護保険制度」 - 福祉事業部

平成30年5月25日(金) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

「介護保険制度」~基本編~
介護保険制度の基本的な部分「しくみ」を学ぶ研修です。

介護支援専門員の受験対策としても、活用できるような講義内容。
講義の最後に、参加された方々みんなで、クイズ形式でパズルのようにパネルの空欄を埋めていくという遊びも取り入れ、より「しくみ」がわかるような研修内容となっていた。

法人研修「認知症研修」 - 福祉事業部

平成30年5月22日(火) 9:30~11:00 講師;福祉事業部 小林由紀子氏

「認知症研修」シリーズ①
「認知症は脳の病気である」という事を理解するため、健忘と認知症の違い、障害と脳の部位の関係を学びました。四大認知症について、その原因・治療・症状を詳しく説明がありました。受講生からの質問もあり、予定されていた時間をオーバーしての研修となりました。

このページのトップへ