月別 アーカイブ

タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > アーカイブ > 2018年9月アーカイブ

研修活動報告 2018年9月アーカイブ

法人研修「施設CM勉強会」 - 福祉事業部

平成30年9月28日(金) 9:30~12:30 講師:福祉事業部 小林由紀子氏 
                              :ビオラ三保  鳴海 由紀氏

前回8月24日に実施した例題を基にした「課題整理総括表」作成の続きを実施しました。
次回は、10月23日です。

法人研修「基本介護技術」~車椅子の操作法~ - 福祉事業部

平成30年9月18日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

車椅子を利用している方の介助を行うにあたって、身体的・精神的な側面のアセスメントや車椅子の基本構造を再確認しました。また、点検内容や安全に取り扱うためのロールプレイを実施し、移乗介助の基本的な「介助の視点」と「介助法」も学びました。車椅子の構造12箇所を当てる小テストでは、答えられる箇所が少なく、現場では「あれ」「それ」で済ませていることが判明。事例問題を活用した演習で、「きちんと覚えていない事で、スタッフ間のコミュニケーションが取れず、事故につながる可能性もある」という講師の言葉に「その通りですね。覚えます。」と納得していました。

法人研修「介護計画書の立て方」~⑤~ -

平成30年9月14日 9:30~12:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

前期「介護計画書の立て方」は、本日が最終日の予定で事例に基づいてアセスメント表(1)の作成を行いました。しかし、時間が足りず完成までにたどり着かず、急遽追加で残りの部分を11月に開催する事で終了しました。

10月から開催する「介護計画書の立て方」はシリーズ①から始まります。多くの方が受講し、根拠を持って介護を展開するそのシステムを学んで欲しいものです。

法人研修「コミュニケーション」~聴覚障害~ -

平成30年9月10日(月) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

コミュニケーションとは、言語的音声表現や言語的非音声表現と非言語的表現が相互に補完・強化・否定しながらとっていく。介護職員が聴力に障害を持つご利用者さまとコミュニケーションをとろうとした時、それを阻害する要因として「物理的(環境)・身体的・心理的要因がある。伝えたい事をきちんと伝える為には、どのような事に配慮しなければならないのか。また、ご利用者さまから発せられる非言語的表現も見逃さず、ありのまま受け入れる事の大切さを学びました。更に、聴覚障害の種類や特徴から生活上の困難さを理解する事が出来ました。

法人研修「接遇って?」 - 福祉事業部

平成30年9月7日(金) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

「接遇って?~介護現場における接遇とは~をテーマに、介護技術を提供する際のご利用さまへのマナー(挨拶・お辞儀・話し方・聴き方)や資質(介護技術・コミュニケーション能力・ホスピタリティ)、更に接遇5原則について学ぶ研修。
あなたは、ご利用者さまに好かれ、他スタッフから信頼を得られていますか?
どんなに忙しくても、当たり前のことをきちんと、当たり前に実行してこそ、介護のプロであることを肝に銘じて、今からでも、すぐにでも出来る事(改められること)から始めましょうと締めくくられました。

法人研修「コミュニケーション」~失語症~ - 福祉事業部

平成30年9月4日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

介護職員の基礎技能の中で、最も努力を要すのがご利用者さまとのコミュニケーションである。何故なら、ご利用者さまの多くは心身障害等の為、会話や意志疎通が困難な状況・状態だからである。
今回はの研修は、コミュニケーション技能のうち「失語症」にスポットを当てて行いました。

1

« 2018年8月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ