月別 アーカイブ

タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > 福祉事業部 > 法人研修「基本介護技術」~ベッドメイキング~

研修活動報告

< 法人研修「施設CM勉強会」 - 福祉事業部  |  一覧へ戻る  |  法人研修「新規採用者合同研修」 - 福祉事業部 >

法人研修「基本介護技術」~ベッドメイキング~ - 福祉事業部

平成30年10月2日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

現在、高齢者が入居する施設では、作業の効率を考えてさまざまな工夫がされています。ベッドメイキングもその一つです。ベッドマットをシーツで覆うタイプのボックスシーツやマット自体にシーツを括り付けるタイプなど個別のニーズに対応できる時間を捻出する為に、メーカーも積極的に作業時間の短縮を考え商品の開発をしています。しかし、介護職員として知っていなければならない介護知識・技術のひとつがベッドメイキングです。何故なら、介護を必要としている人は、皆さん施設で暮らしている訳ではなく、その多くの人は在宅(自宅)で暮らしているのです。清潔で、心地よい眠りの空間を整えるには、知識・技術が必要で重要、かつ大切な仕事なのです。
今回は、申し込みがなく残念でしたが、次回、またお待ちしております。

カテゴリ:

< 法人研修「施設CM勉強会」 - 福祉事業部  |  一覧へ戻る  |  法人研修「新規採用者合同研修」 - 福祉事業部 >

同じカテゴリの記事

法人研修「新規採用者合同研修」 - 福祉事業部

平成30年10月5日(金) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

今年度より、当法人では新規採用者(中途採用者)に対して年に2回、合同で研修を行う取り組みをしています。既に、介護の知識・技術は一定のレベルを到達しているスタッフに対して行われる研修は「権利擁護」です。頭で考え(理論・知識)、考えた技術を提供(介護技術)し、満足を得て頂けるようにケアを実践する。その為には、養介護施設従事者として、ご利用者さまにとって最善の利益を代弁・弁護するシステム(法律)を知ることが高齢者虐待の予防・帽子に繋がると考えているからです。

法人研修「施設CM勉強会」 - 福祉事業部

平成30年9月28日(金) 9:30~12:30 講師:福祉事業部 小林由紀子氏 
                              :ビオラ三保  鳴海 由紀氏

前回8月24日に実施した例題を基にした「課題整理総括表」作成の続きを実施しました。
次回は、10月23日です。

法人研修「基本介護技術」~車椅子の操作法~ - 福祉事業部

平成30年9月18日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

車椅子を利用している方の介助を行うにあたって、身体的・精神的な側面のアセスメントや車椅子の基本構造を再確認しました。また、点検内容や安全に取り扱うためのロールプレイを実施し、移乗介助の基本的な「介助の視点」と「介助法」も学びました。車椅子の構造12箇所を当てる小テストでは、答えられる箇所が少なく、現場では「あれ」「それ」で済ませていることが判明。事例問題を活用した演習で、「きちんと覚えていない事で、スタッフ間のコミュニケーションが取れず、事故につながる可能性もある」という講師の言葉に「その通りですね。覚えます。」と納得していました。

法人研修「接遇って?」 - 福祉事業部

平成30年9月7日(金) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

「接遇って?~介護現場における接遇とは~をテーマに、介護技術を提供する際のご利用さまへのマナー(挨拶・お辞儀・話し方・聴き方)や資質(介護技術・コミュニケーション能力・ホスピタリティ)、更に接遇5原則について学ぶ研修。
あなたは、ご利用者さまに好かれ、他スタッフから信頼を得られていますか?
どんなに忙しくても、当たり前のことをきちんと、当たり前に実行してこそ、介護のプロであることを肝に銘じて、今からでも、すぐにでも出来る事(改められること)から始めましょうと締めくくられました。

このページのトップへ