月別 アーカイブ

タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > 都筑の里 > 事故防止勉強会

研修活動報告

< 法人研修「権利擁護」~シリーズ①~ - 福祉事業部  |  一覧へ戻る  |  陰部洗浄勉強会 - 都筑の里 >

事故防止勉強会 - 都筑の里

事故防止に関する施設内勉強会「ヒヤリハットについて」を行いました。

現在、インシデントとして行っているが定着していないこともあり、

新しく"ヒヤリハット"を導入して、事故を未然に防ぐ仕組みを作る一歩として勉強会を行った。

 


カテゴリ:

< 法人研修「権利擁護」~シリーズ①~ - 福祉事業部  |  一覧へ戻る  |  陰部洗浄勉強会 - 都筑の里 >

同じカテゴリの記事

陰部洗浄勉強会 - 都筑の里

大王製紙株式会社の方を講師に招き、多くのスタッフに参加してもらため3回行いました。

今回は陰部洗浄について開催、再確認するいい機会になりました。

内容:オムツの使い方・当て方をおさらい

    陰部洗浄の手順と注意点

    排泄に関する質疑応答


火災訓練 - 都筑の里

6月28日(金)都筑の里で火災訓練をおこないました。 今回は「日中に2階のポットから出火。火は小さいものの、驚いたご利用者さまが転倒してしまう。」という想定で訓練をしました。それぞれの役割を決めて 初期消火→ご利用者さまの避難→けが人の避難・保護をおこないました。避難訓練の後は消火器訓練です。都筑消防署の方の指導を受けて、「火事だ」と周囲に知らせたら消火器を持って消火。スタッフ11名が参加しました。デイサービスご利用者さまも「私もやってみる」と仰り、スタッフに支えられながら消火器訓練をされました。 都筑消防署の方のアドバイスとして「シナリオをつくって役割分担をすることは大事です。しかし火災はいつ、どこで、どんな状況でおこるかわかりません。次回の訓練はシナリオなしでやってみませんか」と。次回の訓練は抜き打ちでおこなうかもしれません。

「消火器をさがせ」 - 都筑の里

「消火器をさがせ」 防火管理者からこんな指示がだされました。万が一火災が発生した場合、いったいどこに消火器や消火栓があるのか、スタッフ全員が知っておきましょうという研修です。スタッフは施設の見取り図を1枚手渡され、施設内の消火器、消火栓をさがして歩きます。消火器や消火栓を見つけると、その場で見取り図にチェックをいれます。

「消火器訓練は毎年行っているが、その消火器がどこにあるかわからなければ意味がない。火災は起こさないことが一番だが、もし火災が起こってしまった場合でも最小限にとどめたい。消火器に限らず、排煙装置もの場所、使い方もスタッフ全員に知っておいてほしい」と防火管理者は述べています。

6月には都筑消防署指導のもと、消火器訓練をおこなう予定です。


摂食・嚥下障害研修 - 都筑の里

3月14日(木)ネスレ日本株式会社のご協力を得て「摂食・嚥下研修」をおこないました。今回は同じ法人の中川の里からも数名のスタッフが参加しての合同研修となりました。

パワーポイントを見ながらの座学の他に、お互いに食事の介助をしあう研修もありました。「誰かモデルをしてください」という講師の呼びかけにさっそうと前に出てモデルをしてくれたのは、中川の里の介護スタッフです。「介護を受ける側は目をつぶって、介護をする側は何も言わず・・・こんな介助をするといったい何を口に入れられるのか不安ですね」と感想を述べていました。

入職1年に満たないスタッフからは「どうして人がむせてしまうのかとうことがよくわかりました。一口の量って、難しいですね」との感想が述べられました。

 


このページのトップへ