月別 アーカイブ

タグクラウド

抽出衷抽出 

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
tel.045-972-9915

HOME > 研修活動報告 > 福祉事業部 > 法人研修「介護計画書の立て方」~②

研修活動報告

< 法人研修「基本介護技術」 - 福祉事業部  |  一覧へ戻る  |  法人研修「基本介護技術」~衣服の着脱~ - 福祉事業部 >

法人研修「介護計画書の立て方」~② - 福祉事業部

11月16日(金) 9:30~12:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

介護計画書の立て方 シリーズ2回目。
事例問題からアセスメント表(1)を完成させました。次回は、いよいよ計画書の立て方に入ります。

カテゴリ:

< 法人研修「基本介護技術」 - 福祉事業部  |  一覧へ戻る  |  法人研修「基本介護技術」~衣服の着脱~ - 福祉事業部 >

同じカテゴリの記事

法人研修「基本介護技術」~衣服の着脱~ - 福祉事業部

30年11月20日(火) 9:30~11:30~00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

衣服の着脱の意義や環境整備も含めて、基本的な衣服の着脱の一連の流れを学びました。

法人研修「基本介護技術」 - 福祉事業部

平成30年11月13日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

「基本介護技術」~歩行介助
人が移動をしようと思った時、体はどのように動くのか、身体の骨格や構造を学びました。演習では、実際に屋内外を杖を使用し、障害別の介助のポイントを復習しました。

法人研修「権利擁護」~シリーズ①~ - 福祉事業部

平成30年11月9日(金) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(高齢者虐待防止法)」について、知っておくべき事を学ぶ研修シリーズです。
具体的な内容として、養介護施設従事者等による「高齢者虐待の内容」・「法の定義(5つの類型)」・「身体拘束の内容」・「緊急やむを得ない場合」・「通報義務」・「公益通報者保護法」についての説明である。高齢者虐待の起きる要因は幾つかあり、それらの要因は相互に関係・作用することで発生する。単に虐待を行った職員個人の問題ではない事が協調された。
次回は「高齢者虐待の捉え方」です。

法人研修「認知症」~シリーズ②~ - 福祉事業部

平成30年11月6日(火) 9:30~11:00 講師:福祉事業部 小林由紀子氏

今日のテーマは認知症の人の「不快・不安・混乱など」はどのような状態・状況で起きているのか?
認知症は、日常的に直前の記憶と断片的な記憶の欠落が起こり、過去と現在がしばしば混在する中で、その人の時間軸はいつも同じ時代で逆行する訳ではないため、介護する周辺の人を混乱させてしまう。しかし、困らせようとしている訳ではない。認知症は脳の病気なのだから。認知症の人と介護者との間に起こる悪循環(不適切なケア)を減らすことで、行動・心理症状(BPSD)も改善される可能性がある。まずは、認知症の人が抱える心理的な状態をアセスメントすることから始めましょうという内容であった。


このページのトップへ