トップ -3つの安心 中川徳生会について サービス
施設紹介 採用情報 お問合せ
ブログ
トップ -3つの安心 中川徳生会について サービス
施設紹介 採用情報 お問合せ
ブログ
ブログ |  blog
(OPEN!)検索・選択メニュー
TOP 1 | 2 | 3  次の20件>>
2020.01.14(火)
研修活動報告

「法人研修」~スーパービジョン~

1月14日(金) 9:30~ 法人本部 「スーパービジョン」

経験って大事よね!

スーパービジョンとは、スーパーバイザーと呼ばれる経験豊富な先輩職員からスーパーバイジーと

呼ばれる新人や中堅職員への技術の向上、や労働環境の向上を目指して

「管理・運営的」「教育的」「支持的」機能を駆使して、監督・指導・支援を行っていく過程もしくは

方法で、そのバイザーへの研修です。

バイザーから「的確なアドバイスができるか・・・」と不安の声もあがりましたが・・・

そこは、先輩・・・頼みますよぉーーー!

2020.01.14(火) 
2020.01.14(火)
研修活動報告

「法人研修」~ストレスマネジメント~

2020年1月14日(金) 9:30~ 法人本部 「ストレスマネジメント」

ストレス・・ってあるよねぇ~。ある・ある・あるぅーー!

なくす事は出来ないよねぇ~。できないねぇーー!

という事で、この世の中ストレスゼロの人はほぼいないのが現状。そのため国も

「労働安全衛生法の一部を改正する法律」(H26年6月)が公布され従業員50人以上の全ての事業所は、年に一度

医師などによる社員の心の健康状態をチェックする義務が課せられました。今回はストレスはどのようなメカニズムで

起きるのか?物理・心理・社会的な側面からみていき、ストレスを受けやすいとされる性格・解消法を学びました♪

2020.01.14(火) 
2019.12.24(火)
研修活動報告

「法人研修」~認知症・初級編~

12月24日(火) 9:30~ 法人本部 「認知症・初級編」

クリスマスイヴですね♪

今年も何の予定もない講師がなんと・・この日に研修を企画するとは・・(;´д`)

認知症とは、脳の中に病的な変化が起きて生じる知的な働きの低下である。

基本症状として、記憶の障害がありそのことで、自立した日常生活に支障が生じて生きずらさを感じてしまう。

と、いうことで今回は脳の働きが「~なので、~して欲しい(気づいて欲しい)」といった「気づき」に焦点をあてて

みんなで、「どうして欲しい?」を考えるといった研修内容でした。

2019.12.24(火) 
2019.12.17(火)
研修活動報告

「法人研修」~権利擁護~

12月17日(火) 9:30~ 法人本部 「権利擁護」

本年6月に開催した内容と同様。

介護に係る権利侵害は、家族を含めて支援する者に起因する事が多い。それは、これまでのその人との関わり方や

人間として生きる事についての様々な権利を十分に認識せず、配慮に欠けた行為、行動によって生じる。

 

我々、介護のプロとしてまず人間としての権利をシステムに従って擁護する事を学ぶため、

知っているよう(詳しくは)知らない「高齢者虐待防止法」と虐待を見聞きしたら・・

課せられている通報義務について学びました。

2019.12.17(火) 
2019.12.10(火)
研修活動報告

「法人研修」~コーチングってなんだ?~

12月10日(火) 9:30~ 法人本部 「コーチングってなんだ?」

「わかっているけど・・行動できない」という経験ってありますよね!

部下との日常的な関わりの中で、やる気を引き出しスタッフの目標管理を行い

キャリアビジョンを実現させる方法として、今回はコーチングをみんなで学ぶ事にし、

講義はそこそこに演習を中心に行いました。

考えることを癖付ける事で、自発的な人が増えれば職場も活性化し、

自分のあるべき姿になりたいという欲求(自己実現)も叶えられる・・かも?

そんなきっかけになれば幸い・・です。講師より

2019.12.10(火) 
2019.12.06(金)
研修活動報告

「法人研修]~質問する技術・基礎編~

12月6日(金) 9:30~ 法人本部主催 「コミュニケーション」~質問してみよう♪~

対人援助の現場(人との関わりの中)で、日々コミュニケーションは大切だと理解はしているが

さて・・・みんな得意とは限らない。コミュニケーションが苦手な人と得意な人の特徴として

「上手な質問の仕方」。その人を知るための情報収集の仕方と「思い込み」を排除するための方法・

相手が話したいことを質問するスキルを学ぶ研修内容でした。

2019.12.06(金) 
2019.11.22(金)
研修活動報告

「法人研修」~苦情対応~

11月24日(金) 9:30~  法人本部主催 「コミュニケーション」~苦情対応・基礎編~

 

職場内・外で自分のとった行為・行動・発言等に関して、意図しないさまざまな捉われ方をされて困った経験のある職員も少なくない。

そこで、今回は難しい・苦手とされるコミニュケーションの中で「苦情対応」に焦点をあてた研修が開催されました。

「苦情」:苦しい事情と書くように事象に対して腹が立つこと。「文句」:言いがかり・難癖をつける単なる不平不満。

「抗議」:相手の発言・決定等に対して反対の意見を主張し善処を求めること。「クレーム」:権利を主張する事で損害に対する請求。というように

言葉の意味を理解すること。そのうえで、苦情・クレームに関してはより冷静で、誠実な対応を心掛けること。そして、相手の気持ちを理解する努力と

話の聴き方のスキルを身に付ける演習を交えた講義でした。

2019.11.22(金) 
2019.11.01(金)
研修活動報告

「法人研修」~認知症の原理・原則~

11月1日(金) 9:30~  「認知症の原理・原則」

久しぶりの秋晴れです♪

食欲の秋・スポーツの秋・・ご利用者さまもお元気な頃はいろいろな所へ出かけたり

秋の味覚を口にしたりと過ごしていたことでしょう。そんなことを思いながら

本日の研修は「認知症の原理・原則」です。

老人性認知症の特徴・病態を理解し、認知症のご利用者さまが

どのような生活を望んでいて、今 何を どのような気持ちで過ごしているのかを

知ることの大切さ。そして、その人が幸せに暮らすには

どのような支援をすれば良いのかを考える研修内容でした♪

2019.11.01(金) 
2019.10.23(水)
研修活動報告

「法人研修」~尿器・便器の使い方~

10月23日(水) 9:30~  「法人研修」~尿器・便器の使い方~

アイドルだろうが、俳優だろが、芸人だろうが、あの人もこの人も人間である以上

生きている以上、誰もが毎日行うのが排泄行為である。それを、何の気兼ねもなく

出来る事は人間らしさの基本である。・・ということで今回は、福祉用具の

尿器・差し込み便器を使って自尊心や羞恥心に配慮しながらの排泄物品の使い方を学ぶ研修です♪

「施設(特養)で、使っている方はないんですよぉ~。なので、使ったことがないですぅ~」っていうスタッフが

沢山いたことにびっくり!

では、何故使う機会が少ないのか・・から講義は始まり使い方を知らなければ、使いたい人が使いたい時に

使えないという事態が起こり兼ねないのできちんと学んでその時に備えましょう・・と講師。

「でも・・忘れちゃうかも・・」て(;´д`)

 

2019.10.23(水) 
2019.10.18(金)
研修活動報告

「法人研修」~軽度認知障害とは~

10月18日(金) 9:30~ 「法人研修」~軽度認知障害とは~

Mild Coghitive Impairment(MCI)とは、認知症が疑われるが、はっきりとはわからない

健常者と認知症の中間にある状態で、認知機能の「記憶」「決定」「理由づけ」「実行」などの

、どれか1つに問題があるものの、日常生活には支障がない状態のことを言う。

認知症予防には、その危険因子を減らすことだが、原因は不明である。近年では、さまざまな研究によって

環境因子も発症に大きく関わっている可能性が指摘されている。

運動や食事、知的活動などの生活習慣が発症に大きく関連していることを示す報告もあるようである。

年齢を重ねてからではなく、今から出来る予防(生活習慣の見直し)をしましょうと言う言葉が印象に残りました。

2019.10.18(金) 
2019.10.08(火)
研修活動報告

「法人研修」~接遇研修~

10月8日(火) 9:30~ 「法人研修」~接遇研修~

介護職員に特化した形で行う「接遇」の研修です。

しかぁーーーし!

なんと言うことでしょう!

参加者は一人もいないなんて・・・。たぶん、各事業所はその辺はきちんと出来ており

お客さまに不愉快な思いをさせていない・・ということなのでしょう♪

・・・と思っている講師でした。

2019.10.08(火) 
2019.10.01(火)
研修活動報告

「法人研修」~認知症・パーソン・センタード・ケア~

10月1日(金) 9:30~ 「法人研修」~パーソン・センタード・ケア~

認知症ケアの手法はさまざま有り、そのどれもが、「その人を尊重し、その人らしさ」を支援すること。

今回は、パーソン・センタード・ケアについて一緒に学びました♪

その特徴は、認知症の人の心理的なニーズ「自分らしさ」「結びつき」「たずさわる」「共にある」「くつろぐこと」を

5つ要素(「脳の障害」「健康状態」「生活歴」「性格」「環境」)で探っていくという方法。

認知症は「脳の病気」。まずは、認知症という病気を理解したうえで、その人の心理・行動にどのような影響をもたらしているのか

5つの要素からを知りひとりの人として周囲に受け入れられ、尊重される・する介護職員を目指しましょうと締めくくりました。

ちなみに、この手法を本格的に学びたい人は、是非外部研修機関の研修を受けてほしいとのことでした。

2019.10.01(火) 
2019.09.20(金)
研修活動報告

法人研修「認知症ケア」

「認知症ケア」~初級編~ 9月20日(金) 9:30~ 

認知症とは、脳の中に病的な変化が起きて生じる知的な働きの低下であるという事を踏まえて

では、どのような変化が起きているのか?、どのような状態なのか?を知る研修の初級編である。

認知症の種類やその原因、四大認知症(アルツハイマー型・レビー小体型・前頭側頭型・血管性)の

特徴などについて学び、認知症の方が抱えるストレス(不安・不快・混乱など)を理解し、揺れ動く

内面的世界(感情)を知る事の大切さを学びました。

2019.09.20(金) 
2019.09.17(火)
研修活動報告

「法人研修」~施設CM勉強会~

施設CM勉強会~「ケアプラン点検」~ 9月17日(火) 9:30~

ケアプラン点検事業を理解し、各自にて持ち寄ったプラン(アセスメント表・課題整理総括表・評価表・計画書)が、

課題(ニーズ)と目標・サービス内容に整合性があるか確認をしました。

それと共に、内容が施設の中のサービスに捉われていないか?

課題を解決するための社会資源の活用が十分なされているか?など、

CM自身がご利用者さまの生活の質を担保するためのあきらめない心・技術・手法を身に付けているかなどを参加したCM間で確認をしました。

2019.09.17(火) 
2019.08.27(火)
研修活動報告

「法人研修]~認知症の原理・原則~

令和元年8月27日(火) 9:30~11:00 「認知症の原理・原則」

認知症の人のケアにあたって、携わる専門職として、守っていかなければならないこと・・

それは「その人が望む生活に限りなく近づけるよな自立支援を行うこと」。対象者が幸せに暮らすには、

今、何を支援すればよいのかを察し対象者にも確認しながらケアをすることが重要である。例え、

病状が進み、言葉や動作の理解が難しい状態になったとしても、人として「尊重」されることの大切さを学びました

2019.08.27(火) 
2019.08.06(火)
研修活動報告

「法人研修」~コミュニケーション~

令和元年8月6日(火) 9:30~11:00 「コミュニケーション」

介護の専門職として「そんなつもりで言った訳では・・・」は通用しない!

では、コミュニケーションを良好なものにするにはどうしたら良いのか?

「共有(=コミュニケーション)」するという事の意味を理解する為には、相手(自分以外の人)と関わり、相手を受け入れ、そして自分を適切に表現することの大切さを学びました♪

2019.08.06(火) 
2019.07.30(火)
研修活動報告

「法人研修]~体験型チームビルディング~

令和元年7月30日(火) 9:30~12:30 ~体験型」チームビルディング~

梅雨が明け、夏がきたぁーーーーーーーー!

途端にめちゃくちゃ暑いです! 今日の研修は参加人数の多さからか、それとも体験型だったからなのか・・。

ギィーギィーギャァーギャァー熱かったです!!

一般的に、低収入や働く環境の粗悪などで、離職率が高いと思われがちだが、実際は職場の「人間関係」や「リーダーの問題」で離職していく人が多い。この事を踏まえて「人材育成」での改善をどのように図るかがキーポイントになる。という事で、今日は「私がこのチームのリーダーだったとしたら今、目の前の課題にどのように対応するのか?」・・・というアツイ内容の研修です。これなら・・できるかも?って思える事からやってみる。そんなチーム作りやチーム力を高めるポイント、対話型のマネジメントのポイントをゲーム(体験型)を通して学びました。

そんな訳で、会場となったビオラ三保のみなさま「うるさくて申し訳ございませんでした」。以後、気をつけます by担当講師

 

2019.07.30(火) 
2019.07.26(金)
研修活動報告

法人研修「介護過程の展開」

令和元年7月23日(火) 9:30~12:00 「介護過程の展開」~介護計画書の立て方~

2007(平成19)年12月に「社会福祉及び介護福祉法等の一部を改正する法律」が公布され、この改正で介護職の国家資格となる介護福祉士の仕事が、いわゆる三大介護(食事・入浴・排泄の介護)と表現されていたものから、心身の状況に応じた介護の提供に変わりました。本日の研修「介護過程の展開」~介護計画書の立て方~は、ご利用者さまが抱える生活上の困難や不便(=生活のしづらさ)を少しでも解消し、自らの意思に基づいて質の高い生活を送れるように支援すること(=利用者本位・自立支援)が介護の本質であり、利用者が希望する生活の実現に向けて、援助の過程を科学的に捉え、具体的な根拠を持って意図的な介護を展開するプロセス(介護過程の展開)を学ぶものでした。

2019.07.26(金) 
2019.07.09(火)
研修活動報告

「法人研修」~認知症予防・軽度認知症~

令和元年7月9日(火) 9:30~11:00

認知症予防~軽度認知症(MCI)~

認知症は、脳卒中、筋骨格系疾患と並び要介護状態に陥る三大原因疾患の1つであり、これを予防する事が出来れば個人にも社会にも大きなメリットがある。軽度認知症MCI)から認知症へ進展する割合は高く、予防対策は重要である。本日は、軽度認知症(MCI)の定義や認知症発症の危険因子、四大認知症(アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症・前頭側頭型認知症・脳血管性認知症)の特徴について学びました。

2019.07.09(火) 
2019.07.02(火)
研修活動報告

法人研修「報告・連絡・相談」

令和元年7月2日(火) 9:30~11:00

~報告・連絡・相談とは~

チームで、ご利用者さまの生活を支える介護スタッフは3交代制。日々、変わるご利用者さまの状態や、業務を円滑に進めるためにもコミュニケーションは大切です。業務に欠かせない「ほう・れん・そう」の定義、要点、注意点などを身に付けることで、ミスやトラブルを未然に防ぎ、仕事の効率をアップさせるためのビジネスマナーとしての基本的なことを学びました。

2019.07.02(火) 
TOP 1 | 2 | 3  次の20件>>

PAGE TOP